2012年12月16日日曜日

FIFA Club World Cup Japan 2012

今年も盛り上がりました。

「FIFA Club World Cup Japan 2012」


日産スタジアムです。
決勝は、ヨーロッパ代表のチェルシーと南米代表のコリンチャンス。


試合が始まる前からコリンチャンスの応援団は大声援を送っています。
スタジアム内いたるところでコリンチャンスのサポーターがヒートアップしています。

試合が始まってしばらくはチェルシーのペースでゲームが進みました。
一人一人がうまくてスピードがあります。
やらなくてはいけないことをクールに進めています。

コリンチャンスは、必死に自分たちのボールは失わないよう、相手のボールは奪おうと食らいついていきます。

チェルシーはあまりにもクールに進めすぎました。
後半に入って展開が変わってきます。

日本の観客の大部分の人は「チェルシー」を応援していたと思いますが、コリンチャンスの一生懸命なプレーにひかれていくのがよくわかりました。

そしてその時が訪れます。
後半24分にコリンチャンスMFダニーロのシュートのこぼれ球にゲレロが反応し、ヘディングでゴール!
終始、相手への必死のプレッシングサッカーをやり続けたコリンチャンスが1-0で勝利し、世界一の座につきました。



表彰の時に花火が一斉に上がり、そしてきんきらの紙吹雪が素晴らしいです。


やはり、本気ムードの一流のサッカーはレベルが段違いでした。

スピード・技術・戦術、そしてチームワークが超一流です。
コリンチャンスは特に良い試合をしていました。

世界一にふさわしいチームです。

スタジアムの観客も全員で祝福していた良いゲームでした。