2012年12月29日土曜日

FC奈良OB会_中学生の部

今日の午後からは、OB会の中学生の部です。
毎年、参加人数が多くなってきて今年度から「中学生の部」と「高校生以上の部」に分けることにしました。

今日は大勢の中学生が集まってくれました。

現役6年生も参加しています。
OBに相手をしてもらって良い練習です。




OBのみんなは身体も大きくなっていて(まだなっていない子もいますが・・・)サッカーの技術のレベルアップしていました。
中学ではサッカーをやめてしまった子も久々に楽しそうにサッカーをしています。
コーチも成長したOBのプレーを見て楽しそうに一緒にプレーしていました。

午前中は4年生の練習だったために午後になってもまだ残っていましたが湘南ベルマーレの永木亮太選手が飛び入りで参加してくれました。

残っていた4年生は大喜びです。
みんなサインをもらったりしていました。

天気にも恵まれて楽しいOB会でした。

2012年12月24日月曜日

蹴り納め

今日は、FC奈良の蹴り納めです。

午前中は、U-6~3年生+6年生、午後は4~6年生ですが、3~5年生が試合が終わってから参加なので15時近くまで6年生のみになっています。
いつもながら、大きな6年生といるのでU-6や1・2年生は最初、緊張しています。

6年生の指導の下ウォーミングアップです。
みんな緊張しながら真面目に練習しています。


と思ったら慣れてくるとこういう状況に・・・

U-6達に乗られている6年生は苦しそぉ~。
といいながらニコニコしながら喜んでいます。


もちろん、コーチ達が遠くから気を配って見ているのですが、なるべく指示を出さないようにして6年生に下級生の面倒を見させながら蹴り納めは進行します。

6年生に面倒を見てもらっている下級生はみんなVIP待遇で甘えています。
良い光景ですね。

6年生はとってもやさしいです。

U-6対6年生の試合も始まります。
U-6の圧勝です。

さすが6年生、U-6を喜ばせることを知っています。


本当は、3~5年生も集まっての記念撮影なのですが、とりあえず、U-6~2年生+6年生で記念写真をパチリ!

サンタさんも見守っていますよ。


このあとは、保護者の方々が作ってくれたおいしい豚汁をおかずにおにぎりを食べます。
みんなお腹いっぱいで満足です。

午後も3~5年生も試合から戻ってきて蹴り納めを楽しみました。
全クラスで保護者対子供たちの試合もたくさんあったので楽しい一日でした。

良い年をお迎え下さい。


2012年12月23日日曜日

第12回 神奈川県チャイルドサッカー大会

今日は、横浜国際プールでU-6のチャイルドサッカー大会です。

フットサルコートなのでラインをテープで作成するために準備を前日の夜に行いました。
準備をなされた方々ご苦労様です。

子供たちがうれしそうにサッカーをする姿を思い浮かべながらみなさん結構な重労働を楽しそうにしていました。

大会当日、会場の外の風景です。


大きなプールの上に床を設置してコートになっています。
今回は、ミニサッカーコートが5面できています。
ここでみんなでサッカーをします。


プレーの様子は写真におさめる余裕がなかったのですが、FC奈良U-6も得点をたくさん取ることができて大いに楽しみました。
15分1本で4試合もしたのでこれ以上になくサッカーをたくさん楽しめたのではないでしょうか?

どのチームの子供たちも頑張っていて盛り上がった大会でした。

楽しかった!

2012年12月16日日曜日

FIFA Club World Cup Japan 2012

今年も盛り上がりました。

「FIFA Club World Cup Japan 2012」


日産スタジアムです。
決勝は、ヨーロッパ代表のチェルシーと南米代表のコリンチャンス。


試合が始まる前からコリンチャンスの応援団は大声援を送っています。
スタジアム内いたるところでコリンチャンスのサポーターがヒートアップしています。

試合が始まってしばらくはチェルシーのペースでゲームが進みました。
一人一人がうまくてスピードがあります。
やらなくてはいけないことをクールに進めています。

コリンチャンスは、必死に自分たちのボールは失わないよう、相手のボールは奪おうと食らいついていきます。

チェルシーはあまりにもクールに進めすぎました。
後半に入って展開が変わってきます。

日本の観客の大部分の人は「チェルシー」を応援していたと思いますが、コリンチャンスの一生懸命なプレーにひかれていくのがよくわかりました。

そしてその時が訪れます。
後半24分にコリンチャンスMFダニーロのシュートのこぼれ球にゲレロが反応し、ヘディングでゴール!
終始、相手への必死のプレッシングサッカーをやり続けたコリンチャンスが1-0で勝利し、世界一の座につきました。



表彰の時に花火が一斉に上がり、そしてきんきらの紙吹雪が素晴らしいです。


やはり、本気ムードの一流のサッカーはレベルが段違いでした。

スピード・技術・戦術、そしてチームワークが超一流です。
コリンチャンスは特に良い試合をしていました。

世界一にふさわしいチームです。

スタジアムの観客も全員で祝福していた良いゲームでした。

2012年12月1日土曜日

2012JFAキッズ(U-6)サッカーフェスティバルin 保土ヶ谷

今日は、保土谷公園サッカー場で「2012JFAキッズ(U-6)サッカーフェスティバルin 保土ヶ谷」に参加してきました。

サッカー専用競技場で天然芝です。
もう冬のせいでしょうか、少し色が茶色くなりつつあります。


まぁ、70年代までの霧が丘国立競技場も駒沢競技場ももう少し芝の状態が良いですが色はこんなものでした。
今の季節でも芝生が少しでも青いのは若干のオーバーシードは施されているようです。
管理が良くされていて素晴らしいコンディションです。

U-6の子供たちも元気いっぱい芝生の上で走り回っています。
ころんでも柔らかい芝生が優しく受けとめてくれるために子供たちは思いっきりサッカーを楽しめています。

年齢が低い子ほど天然芝のような環境でサッカーができればどんな子もサッカーを楽しめますね。
FC奈良の子も思いっきりころんで芝生まみれになって楽しそうにサッカーをしていました。


運営委員の幼児委員会の方々、いつもありがとうございます。
子供たちも保護者もコーチも思いっきり楽しめました。