2011年2月24日木曜日

ブラジル・ロナウド選手引退

こんにちは、LL担当コーチの秋山です。

今日はFC奈良の話題ではなく、世界の名選手の話題です。

先日、元ブラジル代表FWのロナウド選手が引退することを決めたそうです。

2002年の日韓ワールドカップでも大活躍した選手なので、覚えている人もいるのではないでしょうか?

最近では「ロナウド」と言えばポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド選手が真っ先に思い浮かびますが、数年前まではブラジルのロナウド選手を思い浮かべる人が多かったはずです。

ロナウド選手の最大の武器は、ズバリ「スピード」です。圧倒的なスピードで相手ディフェンダーを置き去りにし、ゴールキーパーまでもかわしてゴールを決める姿は、彼のニックネーム「フェノーメノ(怪物)」の通りです。

ここで、ロナウド選手の全盛期のプレー映像を見てみましょう。

少し画質は悪いですが、凄さはわかると思います。


どうでしょうか?スピードだけでなく、テクニックもずば抜けていますね。

しかし、ロナウド選手の全盛期は長くは続きませんでした。

膝の怪我で2回も手術をし、体調管理もうまく出来ず、体重が増えてしまい自慢のスピードは衰えてしまいました。

それ以前に、2回の手術はロナウド選手の選手生命にもかかわるほどのものでした。

しかし、ロナウド選手はそれらの苦難を乗り越え、再びピッチに戻り、母国ブラジルで輝きを放ち続けました。

ロナウド選手はスピードが落ちたことで自分のプレースタイルを変え、出来ることと出来ないことをはっきりと分けたことによって、レベルの高いプレーを維持し続けたのです。

プレイスタイルを変えた後のロナウド選手のプレー映像がこちらです。


どうでしょうか?以前のプレーとは全然違いますよね?

パスを使ったコンビネーションプレーや一瞬のフェイントを多く使っています。

自分に何ができて、何ができないのかがわかっていないとこのプレーは出来ません。

考えてプレーすることの大切さがわかると思います。

(ちなみに、この動画ではゴールを決めていませんが、この記事の一番下に載せる動画の後半部分では、同じ時期にゴールをたくさん決めるロナウド選手が映っています。)

FC奈良のみんなも、ロナウド選手のプレーを真似してみよう!

他の動画も載せておくから、よかったら見てね。



ロナウド選手、長い間お疲れさまでした。まずはゆっくり休んで下さい。

うーん、こういう動画を見ると、やっぱりサッカーしたくなりますね!